マルコの福音書第7章31~37節

マルコの福音書第7章31~37節

「キリストのみわざの美しさ」

 

 

 今ごいっしょにお聴きしました聖書の最後は、こう結ばれていました。

「この方のなさったことは、みなすばらしい。耳の聞こえない人たちを聞こえるようにし、口のきけない人たちを話せるようにされた。」

この言葉は、キリストのなさったみわざをほめたたえる「歌」と言っても良いものです。この福音書の著者でありますマルコはこの結びの言葉を書き記すにあたって、旧約聖書の言葉を想い起していたであろうことを多くの聖書学者が指摘しています。イザヤ書には、やがておいでになる救い主によってもたらされる救いの希望がこう語られているからです。

 

心騒ぐ者たちに言え。「強くあれ。恐れるな。見よ。あなたがたの神が、復讐が、神の報いがやって来る。

神は来て、あなたがたを救われる。そのとき、目の見えない者の目は開かれ、耳の聞こえない者の耳は開けられる。そのとき、足の萎えた者は鹿のように飛び跳ね、口のきけない者の舌は喜び歌う……」(第35章4~6節)

 

救い主によって実現する救いの希望を語りました預言者の言葉が今まさに実現しつつある、そのことをマルコの福音書は、福音書全体の前半の結びにおいてひとつの歌、讃美歌のようにして書き記しているのです。

その讃美歌にも似た言葉を非常に驚いて声にしている人々がどういう人たちであったか。そのこともマルコの福音書は注目すべきこととして記しています。ここでキリストのみわざを讃美しているのはユダヤ人ではありません。本来であれば、神を賛美することの喜びを最もよく知っているはずであるユダヤ人、神を信じているユダヤの人々こそキリストのみわざを喜んで讃美するところでしょうが、事実はそうではありませんでした。

31節には、キリストが旅をされた道筋を追うようにツロ、シドン、デカポリスといった地名が記されています。この地名をたどってゆくと、キリストが行かれたガリラヤ湖というのは、ユダヤ人が住んでいるガリラヤ地方に面している湖ではなくて、異邦人の住んでいるデカポリス地方に面している湖と考えられます。そのデカポリス地方の人々が賛美の声をあげている。ユダヤの人々からすれば、もともと神の祝福の対象とはされていない異邦人と呼ばれていた人々がキリストのみわざを驚きつつ讃美をしているのです。そのことを記すことでこの福音書は、キリストによってもたらされる救いは、ある一定の民族であるとか国民にだけにもたらされるものではない。この世の全ての人々のための救いであることを示しているのです。

 

人々はこの方のなさったことは、みなすばらしいと言いましたが、実際にこのときキリストがなさったことは、耳が聞こえず口のきけない人をいやしてあげたという一つのことです。このときもキリストは、奇跡的ないやしをなさったと理解することができます。そして、こういう場面を読みながら、このいやされた人は実に運がよかった幸せ者だと思う人もあるかもしれません。しかし古くから教会は、今朝の聖書に記されている出来事は他人事ではなくて自分たちにも起こった奇跡なのだとそう理解してまいりました。つまり、キリストにいやされて耳が聞こえるようになり、話すことができるようになった人というのは、これは自分たちのことだと考えたのです。

 

耳が聞こえず口のきけない人について、聖書はその人がいやされたときに「彼の耳が開き、舌のもつれが解け、はっきりと話せるようになった」と記しています。ということは、この人はまったく喋ることができなかったというのではなくて、耳がよく聞こえなかったので、きちんと言葉を口に表すことができなかったと考えられます。自分の喋っている声が聞こえないので舌がもつれてしまって、はっきりと言葉を話すことはできなかったのです。だから、なかなか他の人とコミュニケーションがうまくゆかない。コミュニケーションが不十分ですと、自分の気持ちが相手によく伝わりません。そのために辛い思いをしていた。そういう人のことが今朝の聖書に語られているのです。しかし、それならどうしてこの耳が聞こえず口のきけない人が私たちと関係があるのか、いやそれどころが私たち自身のことなのだというのでしょうか。

こう考えてみると良いでしょう。私たちは、言葉そのものは普通に喋ることができます。ところが、あることがらを口にしようとすると、なめらかに言葉を口にすることができないことがある。舌がもつれてうまく言葉にならないことがあるのです。

 

 国会で予算審議のようすをラジオで聴いたりテレビ見たりしているとわかることですが、相手の責任や過ちを追及する質問をしている議員の言葉というのは威勢が良いし歯切れも良い。その一方で、自分の責任を認める、過ちを認める言葉ということになると実に歯切れが悪くなる。謝罪の言葉ともなるとそれこそ舌がもつれるような話し方になってしまうことすらある。こういうことは与党、野党関係ありません。そしてまた、政治家だけでことではなくて私たちにしても同じことです。自分の正しさを主張するとき、人を責めるとき、私たちの口は勢いがある。しかし、自分の過ちを認め、謝罪をすべきところでは言葉がうまく口から出てこなくなる、口がきけなくなってしまうことすらあるのではないでしょうか。

 

 あるいは、神を信じる信仰を求めはじめた人の多くが体験することも、この舌がもつれるような体験と言っても良いと思います。聖書を読み、礼拝の説教を聴き続けて行くうちに、なるほど神さまが憐れみ深いお方であることがわかってくる。人間が罪深いこともなるほどそのとおりだと思うようになる。そして人間を救うために十字架にかかってくださったキリストを信じたいとすら思う気持ちも生まれてくる。ところが、そういうときに牧師から「〇〇さん、キリストを信じておられるのですか」と尋ねられたときに、「はい、信じています」という言葉が出てこない。口ごもってしまうのです。

信じたいという気持ちがありながらも信じますと言うことができない。口がきけなくなるのです。これは何も求道者だけの話しではないと思います。クリスチャンになってからでも、素直な信仰の言葉が口から出にくくなってしまう。祈りの言葉や賛美が口から出にくくなってしまう。そういうことは私たちにもあることでしょう。

そうした口がきけなくなってしまう私たちのためにもキリストはみわざを行ってくださるのです。そして、

はっきりと話すことができるようにしてくださいます。

 ガリラヤ湖の海辺で、キリストのもとに連れられてきた耳が聞こえず口のきけない人をキリストがおいやしになったときになさった一つ一つの行為は不思議なものでした。なぜ、キリストは両耳に指を入れたのか。唾を付けた手でその人の舌をさわられたことには何の意味があったのか。全くと言ってよいほどに意味がわかりません。また、見逃すことができない、おそらくこの不思議な行為よりもより重要なことがあります。それは、キリストは不思議な行為を群衆のいるところでなさったのではなくて、口のきけない人を一人連れ出してなされたということです。つまり、このとき口のきけない人はキリストと一対一の出会いをしたということです。

これは私たちが信仰を決心するときでもそうだと言えます。自分が本気でキリストを信じようとするとき、そういう時というのは、自分を教会にさそってくれた人だとか、一緒に学びをしてくれた牧師ですらも関係ないほどに、私とイエスさまとの問題だということに気づくものです。キリストと私との一対一の問題であるということに気づかせられるものです。

キリストは一対一で口のきけない人と向き合われると、天を仰いで深く息をして「エパタ」と言われました。キリストが深く息をしたというのは、このときキリストの心が高ぶるように動いていたということです。

また、とても興味深いことは、この「深く息をする」と訳されている原文は「うめく」とも訳せる言葉であるということです。それではなぜキリストはうめかれたのか。そのことを考えるために思い起こしたい聖書の言葉としてローマ人への手紙第8章26節があります。

 

同じように御霊も、弱いわたしを助けて下さいます。私たちは、何をどう祈ったらよいか分からないのですが、御霊ご自身が、ことばにならないうめきをもって、とりなしてくださるのです

 

「私たちは、何をどう祈ったらよいか分からない」と、ここにも言葉が口から出なくなってしまう現実が語られています。しかしそのような時に聖霊が「ことばにならないうめきをもって」私たちのためにとりなしてくださるというのです。このパウロが言う〈聖霊のうめき〉と〈キリストのうめき〉とは重なると言ってよいでしょう。キリストは天を仰ぎながら、言葉に表せない切なるうめきをもって、この口のきけない人のためにとりなしておられたのです。そして「エパタ―開け―」と言われました。

そこで何が開かれたというと、その人の耳が開かれました。耳がよく聞こえるようになったのです。すると自分の喋っている言葉もよく聞きとれるようになったのでしょう。その結果、舌がもつれないできちんと喋れるようになった。口がきけない、舌がもつれてうまく言葉が喋れなかった人のいやしのためにキリストがなさったことは、耳をきちんと聞こえるようにしたことであったのです。

 

こうしてキリストがなさったいやしは、繰り返し申しあげますが、私たちにも起こったことだと信じられてきました。それなら、私たちの耳が開かれたとはどういうことでしょうか。また私たちの耳が開かれたことによって、私たちもまた口がきけるようになったといえるのでしょうか。

私たちの耳が開かれたということは、これは信仰の耳が開かれたということです。それによって神の言葉が聞こえるようにされたということです。礼拝で説教を聴いているときに「これは神さまが今の私に語りかけてくださっている言葉ではないだろうか……」と思えるようになってくる。それは、神の言葉を聴きとるための耳が開かれているからです。

そしてもう一つ言えることは、神の言葉を聴きとっているときにこそ、私たちは神さまの前に自分の罪を素直に認めることができるようになるということです。そして、神さまに対して本心で自分の罪を認めることのできる人は、人に対しても自分の過ちを認めることができるようになります。そして、今まで口ごもってしまっていた謝罪の言葉を語ることができるようにもなる。口がきけるようになるのです。

 

こうしてキリストは、耳を開いて口がきけるようにするという一つのことをなさったにもかかわらずこの方のなさったことは、みなすばらしい。何もかもすばらしい」と人々が声をあげている理由は、自分自身の救いのことを振り返ってみれば分かるのではないでしょうか。キリストによって救っていただくということは、確かに何もかもが感謝すべきことになってしまうほど経験だからです。自分にとって苦しんだことや悩んだことすらも感謝に変えられる。そういうすばらしさがあったと言えるでしょう。

また、この「すばらしい」という言葉についてぜひとも覚えたいことは、この言葉は「美しい」と訳しかえることもできるということです。キリストのなさることは何もかもがすばらして・美しいのです。ここでも一つの旧約聖書の言葉が思い出されます。伝道の書第3章にあります「神のなさることはすべて時にかなって美しい」という言葉です。

 

 キリストのみわざの美しさ、神のなさることの美しさとは、綺麗な美しさという意味ではありません。人に慰めを与え、希望を与えることのできる美しさというものがあります。

 神の言葉を聴いた人が、頑なな心から解放されて自らの過ちを素直に謝罪する言葉を口にする。そうした様子に、美しさを見ることができます。それは人としての美しさともいえます。そのように人間を人間らしく美しくさせるところに、神のみわざのすばらしさ・美しさがあるのです。悲惨な状況が続いていますウクライナに、美しいキリストのみわざがなさますよう祈りたく思います。

(受難節主日礼拝説教)

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク