マルコによる福音書第7章24~30節

マルコの福音書第7章24~30節

「キリストの言葉を聴く姿勢」

 

今お聴きした聖書には「ツロ」という地名が出てきていました。また、ここに登場してきている女性については「ギリシャ人で、シリア・フェニキアの生まれ」であることが記されています。このことから今朝の聖書がはっきりさせているのは、ここに記されています物語は、神を信じているユダヤ人から見た場合、神を信じていない人たちの住んでいる外国と言ってもよい地域での、外国人の女性に起こった出来事であるということです。

 

このときキリストはどういう理由があったのかはわかりませんが、いわばお忍びのようにして、独りだけでツロの地方に来ておられました。それでも、ツロの人々はキリストがこの地に来ているということに気づきはじめ、キリストの居場所を知ったひとりの女性が駆けつけてきたのです。この女性には切実な願いがありました。幼い娘が悪霊によって苦しめられていたので娘を助けてほしいという母親としての強い願いを携えてキリストのもとにやって来たのです。そしてキリストの足もとにひれ伏し、自分の願いをキリストに申し述べました。これに対してキリストはこう言われました。

「まず子どもたちを満腹にさせなければなりません。子どもたちのパンを取り上げて、子犬に投げてやるのは良くないことです」

 

ここでキリストがいわれている「子どもたち」とは神を信じているユダヤ人のこと。「パン」は、神によって与えられる祝福を表しています。「犬」というのはユダヤ人が神を信じていない外国人に対して使う一つの呼び方で、そこには相手に対する軽蔑が込められています。ただしかし、ここでキリストが語られたのは単なる犬ではなくて「子犬」でした。こうした喩を用いながらキリストは女性に対してこう返事したと聴くことができます。

――私は、確かに神の祝福をもたらすために遣わされて来た。しかしその祝福は、先ずユダヤ人に与えるべきものである。それをあなたのような外国人に与えることは良いことではない。

このようなキリストの言葉には〈ユダヤ人と神の祝福との関係〉、〈ユダヤ人と外国人の関係〉といった深い意味が込められていたといえますが、そのような難しい話をこのギリシャ人の女性が知るよしもありません。ここを読んでいる私たちにしてもあまりピンとこないでしょう。それだけに、女性に対するキリストの返事を聞いて私たちはこう思うのではないでしょうか。「この母親は、幼い娘を助けてほしいと願っているのに、イエスさまはなぜ、こんなに冷たく当たるのだろうか……」

ルターは「この時のキリストの返事は女性の心と信仰とをこなごなに粉砕してしまうに足るもの」であったと言っていますが、本当にそのとおりだと思います。この哀れな母親は、がっかりして悔し涙をためながらキリストのもとを立ち去ったとしても不思議ではなかったほどに、キリストの言葉は助けを求めてきた者に対してあまりにも冷たいものであったといえます。ところが女性は立ち去りませんでした。そしてキリストにこう言ったのです。 

「主よ。食卓の下の子犬でも、子どもたちのパン屑はいただきます」

 

この女性に言葉には、注目すべき点があります。その第一点は、キリストに対して女性が「主よ」と呼んでいることです。この母親は、キリストにむかって、「私の救い主よ」と呼びかけているのです。

マルコによる福音書の中で、キリストに対して「主よ」と呼びかけている人が出てくるのは、実にこの箇所だけです。

これまでにキリストはユダヤ人に対して伝道を続けてこられ、そこでたくさんの人の重い病を奇跡ともいえるみわざによって癒してこられました。僅かなパンと魚で五千人の人々の食事を満たすという奇跡を行われたこともありました。しかし、そうした奇跡的みわざの恩恵にあずかった大勢の人々は、キリストのなさった奇跡の意味を悟ることがありませんでした。キリストの弟子たちでさえもそうでした。そのようなキリストのみわざの意味を悟ることのできない弟子たちにことについて聖書は「心が頑なになっていた(別訳「鈍くなっていた」)からである」と記しています。この心の頑なさ、鈍さとはキリストに対して「主よ」と呼びかけることのできない頑なさ、鈍さであったということもできます。

キリストのこれまでの伝道において、キリストを「先生」と呼ぶ者はいましたが、「主よ」と呼ぶことのできる者はいなかった。そうしたなかでマルコの福音書が唯ひとり、キリストにむかって「主よ」と呼ぶことのできた人として記しているのは、ユダヤ人からすれば触ることすら汚れの元になると考えられていた外国人の女性であったのです。 

 

二つ目の注目点は、女が「食卓の下の子犬でも、子どもたちのパン屑はいただきます」と語りながら、自分がパンを受けることのできる子どもではなくて子犬であることを素直に受け入れていることです。そして、子犬についてのイメージを語りました。小さな子どもがテーブルについて食事をすれば、必ずと言ってよいほどに子どもは食べ物をこぼします。そのテーブルの下に子犬が待っていて、こぼれてきたパン屑を喜んで食べる。その子犬に対して「それはお前にあげたものではないぞ」としかったりする人はいないでしょう。むしろ、子犬に少しばかりでもパンをちぎって投げてやるぐらいのことをするかもしれません。女性は、そういう子犬のことを想像して、それをそのままキリストに申しあげたのです。

ここで注意したいのは、女性は「子犬でも、食卓の下に落ちた子どもたちのパン屑はいただきます」とは言っていますが、「だから私にも神の祝福をもらう権利はあるでしょう……」というような権利を主張するようなことは一言も語っていないことです。キリストが「子犬」と言ったことについて、自分が思いついたことをそのまま言い表しただけです。そして、パンくずとしての祝福をいただけるかどうかキリストの判断を仰いでいるのです。この女性の言葉に対してキリストはこうお答えになりました。

「そこまで言うのなら、家に帰りなさい。悪霊はあなたの娘から出て行きました」

 

これは不思議な言葉です。普通であれば、女性に対して「そこまで言うのなら、これから娘さんの所に行きましょう……」というでしょう。そして、娘のところに行って、悪霊を追い出すという手順を私たちは考えます。ところがキリストは「悪霊はあなたの娘から(もう既に)出ていきました」と言われたのです。これはどういうことなのか。難しく考える必要はありません。この母親が、キリストをとして受け入れ、キリストの言葉を素直にそのまま受けとめたときに、もうそこで勝負はついてしまっていた、その時点で悪霊は娘から追い出されてしまったということです。以上が、この物語の内容です。

 さて、この物語から私たち自身の信仰生活に役立てるために、ひとつのことに注目したいと思います。それは〈キリストの言葉の聴きとり方〉とでもいうべきものです。ルターは今朝の聖書についてこういうことも言っています。

 

キリストが女に対して語った「まず子どもたちを満腹にさせなければなりません。子たちのパンを取り上げて、子犬に投げてやるのは良くないことです」という言葉は、表面的には「駄目です・ノー」といっているように聞こえる。しかし、はっきりと正面から駄目だと言っているわけでもない。そこでこの女は、表面的には「駄目です・ノー」と言っているように聞こえるキリストの言葉の背後に「大丈夫です、あなたの娘さんは救われます」という答があることを信じたのである。

 

ルターはそのように理解しているのです。そう理解することが正しいという根拠が確かにあると思います。

それは、ユダヤ人たちが外国人を蔑んで呼ぶときに使う「犬」という言葉を、キリストは「子犬」と言い換えていることです。「子犬」という言葉は、単に子どもの犬という意味だけでなく、野良犬ではなくて飼い主がきちんといる犬のことを表していて、そこには悪い印象はないのです。こうした「子犬」という言葉を使うことによって、キリストは女性の願いを退けるのではなくて、女の願いを聞き入れるチャンスをつくったといえるのです。

 

大阪におりました12年間のうちの8年間、私は柔道教室の指導員を務めました。私の担当は小学校の低学年でしたが、指導員になって間もない頃は小学生の高学年、時には中学生とも一緒に稽古をしたこともありました。そのときに、よく行った私なりの稽古の方法がありました。

子どもたちが、しっかりと技をかけて相手を投げることができるようになるために、そのために私などができる指導は、投げられてあげるということだと私はそう思っていた。ただそこで、ともかく技をかけてきさえすれば投げられてあげるというのではない。「乱取」という実際に相手と組み合って技を掛け合う稽古をしている時に、わざと、こちら側がスキをつくってあげるのです。例えば、それとなくバランスを崩して、技をかけやすいチャンスをつくってあげる。そのチャンスをみのがさないで技をかけてきたときには、投げられてあげる(本当に投げられてしまうこともありましたが)。

今朝の物語のなかのキリストは、女性に対して「子犬」という言葉を使うことで、わざとスキを与えているように見える。女性にチャンスを与えているようにも見えるのです。

最初から助けてあげるつもりがあるのなら、チャンスだとか何とか、回りくどいことをしなくともよかったのではないか……と思う人もいるかもしれません。しかし、相手が与えてくれるチャンスをしっかりと受けとめて、それに答える。そういうやりとりが人を成長させるのです。一見、冷たく見えますキリストの女性に対するなさり方は、チャンスを与え、それを受けとめる女性の信仰を更に引き、確かなものとするためのものであったといえます。

 

 さて、そうであるならば、この女性のように、しっかりと「子犬」という言葉を受けとめることでキリストのつくってくださっているチャンスをものにするためにはどうしたらよいのか、ということが問題になります。せっかくキリストがチャンスをつくってくれていてもそれに気がつかないということでは困りますから。このことは、キリストの言葉を聴き取るテクニックの問題ではありません。これは、キリストの言葉を聴く心の姿勢の問題です。そこで注目したいのは25節です。

女性はキリストのところに駆けつけたとき、キリストの「足もとにひれ伏した」のです。ここに、キリストの言葉を聴きとる心の姿勢がはっきりと現れ出ています。この女性には、何とかキリストから良い答えを引き出そうと、そのためにキリストの言葉をとらえようなどという挑戦的な態度はなかった。挑戦的な態度ではなく、ひれ伏したのです。「ひれ伏す」とは礼拝をあらわす姿勢の一つです。この女性はキリストを礼拝しながら自分の願いを述べ、そしてキリストを礼拝するなかでキリストの言葉を聞き受けとめたのです。

 

※新聖歌496番「ここにて我らは みことばを聞き」「ここにて祈りは聞かれ」とうたう「ここ」とは礼拝のこと。

 

大阪におりました時のことをもう一つ。最近はほとんど読むことがありませんが、ノーベル賞を受けた小説家である大江健三郎さんの小説や論説を随分と読みました。この大江さんが書いたものについては、若い頃に書かれたものはそうでもないのですが、後になるほど文章が読みずらいということがよく言われています。確かにそうなのです。その読みずらい文章を私はそれでも努力して読みました。それは、この作家の文学者らしいものの見方や解釈に教えられることが多かったからです。「この人の書いた本のなかから、自分が気がつかなかった何が見えてくる……」という期待と信頼があればこそ読みずらくても、その文章に食らいついていくことができる。最初から「ああ、この作家の文章は私には合わない……、好きになれない……」という思いであったら、たとえ分かりやすい文章であっても読み取れるものはないでしょう。

一般の書物の言葉でもそうなのですから、ましてやキリストの言葉を読む、聴くときに、キリストに対する期待と信頼があるかないか、これは大問題です。キリストの言葉が分かりやすいかどうか、ということは大した問題ではないのです。「キリストがお語りになっている言葉には、必ず私にとっての大切な真理がある!」とそう期待して、そう信じてキリストの言葉に耳を傾ける。そのような耳の傾け方の姿勢をつくるのが礼拝なのです。

ですから、もし礼拝のなかで耳を閉ざしてしまうならば、それは礼拝そのものの姿勢が崩れているということになる。そのような礼拝は空しい礼拝になってしまう。お互いの礼拝の姿勢が崩れることなく、ますます豊かなものとなるように! そのことを心から願っています。

                  

(受難節 主日礼拝説教)

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク