マルコによる福音書第6章45~56節

マルコの福音書第6章45~56節

「キリストと共に生きる訓練」

 

 今、お聴きした聖書の冒頭には「それからすぐに、イエスは弟子たちを無理やり舟に乗りこませ」と語られていました。このとき、キリストご自身は弟子たちと一緒に舟にお乗りにはなりませんでした。ですから弟子たちは「なぜ、私たちだけで、何のために、舟に乗って向こう岸に渡らなければならないのか……」と疑問に思ったことでしょう。そういう弟子たちをキリストは無理やり舟に乗せて出発させたのでした。このようなことをなぜキリストはなさったのか? そのことを考えるのが今朝の聖書からのメッセージを聴きとるための出発点となります。 

「それからすぐに」とありますのは、キリストが5000人に食べ物をお与えになった出来事からすぐにということです。キリストは5000人分もの食事について最初、弟子たちに「あなたがたが、あの人たちに食べ物をあげなさい」と言われました。これに対して弟子たちは「そんなことができるわけがないでしょう」と言わんばかりに「私たちが……200デナリのパンを買い、彼らに食べさせるのですか」と言った。そこでキリストは弟子たちにどれだけのパンがあるのか確かめさせると、あったのは五つのパンと魚2匹だけ。そのパンと魚をキリストは祝福して弟子たちに配らせ、人々は皆満腹になるまで食べることができました。それでもパンと魚は余っていたため、キリストは弟子たちに余ったものを籠に入れて集めさせました。このとき弟子たちは驚きと喜びに満たされながら、余ったパンと魚の入った籠の重みを手に感じていたことでしょう。そうした出来事があってそれからすぐにキリストは弟子たちを舟に乗り込ませ、しかも無理やりそうなさいました。なぜ、そうなさったのか? キリストはこの時の弟子たちにある問題があることを見抜いておられたからです。そして、その弟子たちの問題をあぶり出すような出来事が舟のなかで起こります。

 

弟子たちの乗った舟は、湖の真ん中あたりに来たときに強い逆風に煽られて前に進むことができなくなってしまいます。問題はその後です。夜明け近く、湖のど真ん中で身動きがとれなくなってしまった弟子たちを乗せた舟にキリストが近づいて行かれました。このときキリストは水の上を歩いて舟に近づいて行かれたのですが、そのキリストを見た弟子たちは幽霊だと思い叫び声をあげたというのです。舟には12人の弟子が乗っていたのです。その中の一人ぐらいは「あれはイエスさまだ。イエスさまが助けに来てくださった……」と、水の上を歩いてくる人がキリストであることに気がつく人はいなかったのでしょうか。残念ながら、そういう弟子は一人もいませんでした。そして、キリストが「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない」と声をかけて舟に乗り込まれたときの弟子たちの様子について聖書は「弟子たちは心の中で非常に驚いた」と記しています。そして、その非常に驚いた理由についてはこう記しているのです。

「パンのことを理解せず、その心が頑なになっていたからである」 

この言葉こそは、今朝、私たちが最も注意深く聴きとるべきものです。

 

ならば弟子たちが「パンのことを理解せず、心が頑なになっていた」とはどういうことなのでしょうか。

「頑なになっていた」と訳されています言葉は「鈍くなっていた」という意味もあります。ですからこう言ってもよいでしょう。弟子たちの心、その心に宿る信仰は鈍く、硬なになっていたということです。

私たちは、普通にはこう考えるだろうと思うのです。「信仰というのは頭で考えているだけでは成長しない。知識だけの信仰は、頭でっかちのがちがちの頑なな信仰になってしまう。そうならないためにも、イエスさまによる恵みを体験して行くことがクリスチャンとしての成長には必要なことだ……」と。

その点で言うと、弟子たちは直接、キリストがなさった奇跡的な癒しの出来事に立ち会い、パンと魚の奇

跡を見てきたのです。実際にそのパンと魚を人々に配り、余ったパンと魚の重みを感じとることまでしていた。羨ましいほどの奇跡を体験したのです。しかし、その弟子たちの信仰の心はいまだに頑なで鈍いままであったというのです。

この弟子たちの信仰の頑なさ、鈍さと並べるようにして聖書は、もう一つの出来事(53節以下に)を記しています。舟が向かった先はベツサイダでありましたが、どういうわけか到着したのはゲネサレでした。そのゲネサレに到着すると、キリストのところに人々が病人を連れて集まってきました。病人を床に載せて運んできたというのですから、連れて来られた病人というのは自分では歩くこともできないような重い病の人たちであったでしょう。そうした病人を連れてきた人たちがキリストに願ったことは「せめて、衣の房にでも、さわらせてやってください」ということでした。そしてさわった病人は癒された。そうした人々をもキリストは深く憐れまれてお癒しになったからです。このような記事を福音書の著者であるマルコは、決して肯定的な意味だけで記しているわけではありません。このキリストを追い求め「せめて、衣の房にでも、さわらせてやってください」と願っている人々の信仰もまた頑なで鈍いままであることを今朝の聖書は示しているのです。

キリストの服にさわることで病が癒されることを願ったのは、このゲネサレの人たちが最初というのではありません。ここで思い出したいのは、12年もの間、出血が止まらない女性がキリストによって病を癒されたときのことです。この女性もキリストの服にさわることさえできれば病が癒されると信じてキリストのところにやって来た。そして服をさわって癒された。このような女性の信仰について宗教改革者カルヴァンは、クリスチャンがまねをしてはいけない信仰であることを厳しい言葉で警告しています。

今朝の聖書に出てきていますゲネサレの人々は、なるほど確かにキリストを追い求めてはいます。しかし、それは正確に言えば、キリストを求めているのではなく癒しを求めている。癒してくれさえすれば誰でも良かったのです。病に苦しむ者にとって癒されるということは切実な願いであることは当然のことです。キリストに癒しを求めることは決して間違ったことではない。それを御利益信仰だといって非難する必要はありません。しかし、気をつけなければならないことは、癒しを求めるあまり癒しよりも大切なことが目に入らなくなってしまうことになりやすいということです。キリストがなさった癒しのみわざは、天の父の憐みを指し示すためのしるしでした。医者からも見放されているような重い病の人が、キリストによって癒されるということは、天の父が決して重い病に苦しんでいる人を見捨ててはおられないということのしるしなのです。しかし、人々の関心は、病人を慈しんでくださる天の父ではなく、奇跡を行うキリストの服でした。こうしたこともまた信仰の心が頑なで鈍いことの表われです。そうした信仰を聖書は決してそれでもよいとは言っていないのです。

 弟子たちがパンのことを理解せず、その心が頑なになっていたのも、その原因のひとつは、パンと魚の奇跡を体験した弟子たちの喜びが、奇跡そのものを喜ぶことにとどまっていたということができます。飼い主のいない羊のような人々をあわれまれたキリスト。そしてそのような人々のために食事を用意してくださったキリスト。空の鳥を養い野の花に美しい装いを与えておられる天の父、その天の父が人々にパンと魚を満腹になるまで与えて下さるということを現実のこととしてお示しくださったキリスト。そのようなキリストと天の父に心を向け、キリストを喜ぶことが弟子たちにはできていなかったのです。   

 

しかし、そのような心の頑なさ、鈍さをもった弟子たちをキリストは決して責めるような事はなさいませんでした。キリストは、弟子たちの心の鈍さを自覚させるために無理やり弟子たちを舟に乗せられた後、「祈るために山に向かわれた」と聖書は記しています。キリストは弟子たちのために祈ったことでしょう。また、パンと魚を食べた人々のためにも祈ったことでしょう。弟子たちと人々が、奇跡的な出来事に目を奪われるのではなくて、天の父に心を向けることができるようにと祈っておられたに違いありません。

 

今朝の説教題を『キリストと共に生きる訓練』としました。この題に対しては、こんな疑問を抱かれる方もあるかもしれません。「イエスさまはいつでも私と共にいて下さるのではありませんか。それにイエスさまご自身が『わたしは世の終わりまでいつもあなたがたがと共にいる』と言われたではありませんか」それなのになぜ今更、訓練が必要なのですか」

それはそうです。キリストは、常に私たちと共にいて下さいます。その事実に変わりはありません。ただ、

共にいてい下さるキリストに対して鈍くならないで生活すること、そのことのためには訓練が必要です。

この訓練が身についていませんと、私たちだってキリストがそばにいて下さっているのに、そのキリストを幽霊のようにしてしまうことになりかねないのです。それほどに私たちの心は頑ななのです。

 キリストが弟子たちを無理やり舟に乗り込ませ、身動きのとれなくなってしまっていた舟に近づいて行かれたのも、これは弟子たちの鈍い、頑なな心を訓練するためであったといえるのです。近づいてきたキリストのことを聖書は弟子たちの乗った舟の「そばを通り過ぎるつもりであった」という不思議な表現をしています。これは旧約聖書に見られる表現で〈神が近づかれる〉ことを〈そばを通り過ぎる〉という言い方をするのです。ですから、この時弟子たちは、テストを受けていたともいえます。近づいてこられたキリストを、神として見ることができるか、それともそれ以外のものに見るのか。テストの結果は、弟子たちはキリストを神ではなく幽霊としてしまった。そういう弟子たちには訓練が必要だったのです。

 

 キリストに対して心が頑なに鈍くならないようにするための訓練。それは、生活のいたるところで行いうるものです。週報でも既に報告したことですが、教会堂の屋根に取り付けられている照明器具を最近、新しいLEDライトに取り換えました。このライトは、屋根の上にあります十字架をライトアップするために取り付けられたもののようですが、夕方、暗くなってから、この新しいライトの様子を見てみましたところ、十字架の立っている塔の部分はたいへん美しくライトアップされているのですが、アルミの光沢のある十字架はLEDライトの光を反射してしまうためでしょうか、あるいはライトの角度がずれているためでしょうか。思ったように十字架がライトアップされていないのです。せっかく費用をかけてライトを取り換えたのですから、ライトの角度を調節することで少しでも状態が良くなるのであるなら、業者の方にお願いしましょうと役員の方と話をしました。こうしたことを話し合う場でも、私たちは、キリストと共に生きる訓練のなかにあると言ってよいだろうと思うのです。つまり、十字架のことであまりむきにならないということです。

「そうしなければならない……」「こうあるべきである……」とむきになると私たちの心は頑なになります。

そうなるとキリストに対する心も鈍くなるのです。

 今、話しました十字架のことにせよ、あるいは教会の建物のことにせよ、そのことについて話し合う時に、

いろいろな意見があるでしょう。自分の意見を述べるときに、その意見を先ず一番近くで聴いておられるのはキリストであるということ、そのことを意識できるようにすることが私たちにとっての訓練だと言えましょう。

 

 ウクライナでの戦火が続いています。第二次世界大戦の末期、1945年ソ連軍がいよいよドイツ本国に押し寄せつつあった頃のことです。押し寄せるソ連軍を迎え撃つ防衛のために司令官に任じられたドイツ軍司令官のゴットフリート・ハインリーチ将軍は、父親が牧師であり、本人も敬虔なクリスチャンでありました。ハインリーチ将軍は、勝ち目のない闘いによる無駄な犠牲者を出させないたに、またベルリンを戦場とさせないためにヒトラーのいる大本営に赴き、これ以上の戦いは無意味であることをはっきりと説明しましたが、ヒトラーは勝利への信念と強い意志があれば困難を乗り越えることは可能であるという精神論を振りかざしてハインリーチの説明を退けてしまいました。そこでハインリーチは軍の戻ると、アメリカとイギリス軍が迫っているエルベ川方面に軍をすすめ、そこで降伏する作戦計画を立てることを部下に命じました。参謀長は、それは総統の命令違反になるのでは、と心配を口にしましたがハインリーチはこう言ったといわれています。「私はもうこれ以上、無意味で自殺的な命令を出すことはできない。そのような命令を拒絶することは、兵士たちに対する私の責任であり、ドイツ国民に対する私の責任である。そして、何よりも神に対する私の責任である」

 戦争という人間の心を鈍くさせ、頑なにさせ、そうして心を狂わせてしまう異常な状況の中で、神に対して、キリストに対して心を鈍くさせないで、頑なにならないで人間らしい判断をしたこのドイツ軍司令官のエピソードを私は、今、ウクライナのための祈りのたびに思い出しています。

今こそ、心を鈍くさせないで戦火のなかにある人々のために、平和のために祈りたいと思います。

 

 

                    

 (2022年3月6日受難節主日礼拝)

 

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク