マルコの福音書第2章13~17節

マルコの福音書第2章13~17節

「罪人を招くキリスト」

 

今、お聴きしました聖書には、キリストがこの世に来られた目的、理由がはっきりとキリストご自身の言葉によってこう語られていました。 

「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」

 このようにお語りになったキリストは、実際に罪人を招かれる方でありました。その出来事は、カペナウムという町のすぐそばにある、ガリラヤ湖のほとりで起こりました。この時、キリストの周りには教えを聞こうと大勢の人々が集まってきていました。この群集に教えを語られた後、キリストが場所を移動しようとなさった時のことです。

キリストは通りがかりに、アルファイの子レビが収税所に座っているのを見かけてレビに声をかけられました。この時、レビを見かけたのはキリストだけではありません。収税所を通る人々はもちろん、その側を行き来する人々もレビを見かけたはずです。この収税所に座っていた男を人々が見かけたとき、人々のレビを見る視線は、冷ややかなものであったでしょう。レビ自身も、人々が自分に白い目を向けていることを感じていたことでしょう。というのも、それにはそれ相応の理由があったからです。

 

このレビという男は、人々から税金を徴収する仕事をしていました。この税金を集める仕事は、本来、ローマ帝国の役人が行うことでしたが、ローマ政府は、ユダヤ人から徴収する税金についてはその働きをユダヤ人に請け負わせていました。この税金徴収の仕事をローマ政府から請け負った人のことを徴税人と言いました。

この徴税人には特別な権利が認められていました。それは、ローマ政府に納める税金に上乗せした金額を人々から徴収し、上乗せした分を自分の利益としてよいというものでした。こうした、ローマ政府の後ろ盾を利用して私服を肥やす徴税人は、ユダヤ人から強い反感を買い、嫌われ者となっていました。

ユダヤの人々が取税人を嫌う理由は他にもありました。それは神を信じる信仰にかかわる理由でした。神を信じる信仰を持つユダヤ人にとって、神を信じない国であるローマのために税金を納めるということは、信仰的な意味で屈辱でした。その屈辱的な税金を、こともあろうにユダヤ人が取り立てる。そんなことをする収税人は、我慢のならない存在であったのです。ですから、収税所に座っているレビを見かけた人々は、心の中でこう語っていたに違いありません。

 ――あの男は、俺たちから余分に金をとって金儲けをしている。ああ、何といまいましい奴だ。

 ――あの男は、神を信じるユダヤ人の誇りを捨てた汚れた人だ。

このような批判と憎しみのこもった視線を受けとめることは、レビにとっては日常のこととなっていました。

そのレビに、いつもの人々の白い目とは全く違ったまなざしを注ぐ人がいました。「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」とお語りになったキリストです。キリストは、このとき、レビに慈しみ深いまなざしを向けながら「わたしに従いなさい」と言われ、レビを招かれたのです。

レビは「立ち上がってイエスに従った」と記されていますが、レビがどんなことを思い、考えていたかというレビの心情について、聖書はただの一言も記していません。レビの思いや決心ということ以上に、キリストのまなざしと言葉がレビを立ち上がらせている。そのことを福音書は強調しているからです。

 さて、キリストに従ったレビがすぐに行ったこと。それは自分の家にキリストを招いて食事のもてなしをすることでした。ただ、この時、食事の席に着いていたのはキリストだけではなく、弟子たちも一緒でした。

そして注目すべきことは多くの徴税人や罪人も一緒であったということです。この大勢の徴税人や罪人はどのようにして、レビの家に集まってきたのか? 聖書は簡潔にこう説明しています。

「実に大勢の人がいて、イエスに従っていたのである」

 

キリストに招かれたのはレビだけではありませんでした。レビと同じように嫌われ者となっていた、同業者である徴税人たち、そして罪人たちもまたキリストに招かれ、そのキリストに従ってきていたのでした。

そうした人々に対してレビは――私は、お前たちのことを食事に呼んだ覚えはない。私が食事にお招きしたのはイエスさまとお弟子さんたちだけだ……などとは言ったりしませんでした。レビは、今まで自分が知らなかった暖かいまなざしをキリストから注がれ、そのキリストから「従ってきなさい」と招かれた喜びのなかで、キリストに従ってきていた大勢の人々を快くもてなしたことでしょう。

「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」と語られたキリストは、こうして大勢の徴税人と罪人を招かれ、一緒に食事をなさったのでした。

このような徴税人や罪人を招き、一緒に食事までするキリストのなさり方に対して、疑問と嫌悪感を抱く人々がありました。パリサイ人、律法学者と呼ばれる人々です。パリサイ人は、神の掟を熱心に守る生活を大切にし、きよめられた者としての誇りをもっていました。律法学者は、神の掟である律法を人々に教える学者であり、パリサイ人と同じように掟を守ることにおいて徹底していました。このパリサイ人と律法学者は、ユダヤ人の中にあって人一倍、きよい生活に熱心であり、それだけに人一倍、徴税人や罪人に対しては厳しい見方をしていたのです。ですから、パリサイ人と律法学者は、徴税人と罪人を受け入れるキリストのなさり方に対しては強い反感を持っていました。そこでキリストの弟子たちにこう言わずにおれなかったのでした。

「どうして彼は徴税人と罪人と一緒に食事をするのか」――どうして君たちの先生は、あんな汚れた連中と一緒に食事をしたりするのか、というわけです。これに対してキリストは、はっきりと言われたのです。 「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」

以上が、今朝の聖書が伝えている物語です。この物語から私たちは、今朝、三つのことを受けとめたいと思います。

第一には、収税所に座っていたレビをごらんになったキリストのまなざしです。人々から忌み嫌われている人を見る目。嫌なものを見る目、そういう眼差しは、人を活かすことは先ずありません。キリストは、収税人たちの金もうけや罪人と呼ばれている人たちの不道徳な生活を見てみぬふりをしていたというのではありません。それどころかキリストは、誰よりも取税人や悪しき生活をしている人たちの汚れた生活をご存知であったことでしょう。しかし、そのキリスが取税人や悪人に向けられたまなざしは、白い目ではなく、憐れみと慈しみの目でありました。そのキリストのまなざしを私たちは心の目を開いて見ることができるようにしたいのです。

赤ちゃんはきれいな目をしています。そしてその目でじいっとこっちを見ながら笑う。そういう赤ちゃんの目を見ているときの私たちの目というのは、やはりきれいな目、あるいは優しい目になっている。憐れみと慈しみに満ちたキリストのまなざしを見心の目で見る。そのとき私たちの目は、優しい目に変えられる。他者を慈しむことのできる目につくりかえられるのです。

二つの目ことは、今、申し上げたことの半面です。それは、パリサイ人、律法学者が取税人や罪人に向けていたまなざし――どうして君たちの先生は、あんな汚れた連中と一緒に食事をしたりするのか、と言っていた時のまなざしにならないようにということです。

福音書を読んでいて、パリサイ人、律法学者のことが出てきたときに、どういう読み方をしたらよいのか。

一つは、パリサイ人、律法学者というのは私たちにとっての反面教師であるということです。パリサイ人、律法学者というのは、神を信じていない人たちではないのです。聖書をよく学び、熱心に祈る。礼拝を大切にする。きよい生活を心がけている。そういう人たちに近い位置にいるのはクリスチャンでしょう。

今朝の聖書からもわかる通り、パリサイ人、律法学者というのは信仰者特有の罪を犯すのです。あるいは信仰者特有の愛のない冷たさというものを持ってしまっている。キリストやパウロが私たちに示してくれています、信仰者としてのきよさというのは、他者を隣人として愛するためのきよさといえます。取税人や罪人を慈しみ深くごらんになったキリストのまなざしを私たちが心の目で見るときに、私たちの目もキリストのような慈しみをたたえた目につくりかえられる。それは言い換えれば、私たちの目がきよめられるということです。人を憐れむことのできる目に変えられる。目がきよめられるというのはそういうことでしょう。

 それに対してパリサイ人、律法学者のきよめというのは、取税人や罪人を退けることによって、自分の信仰を守ろうとする。自分が汚されないように、汚れた人を遠ざける。そうして自分を守る。そういうきよさというのは冷たく、相手の悪いところにばかり目が向くようになる。そして益々冷たい目になるのです。

はっきり言いますが、私たちはそうなりやすい。だから聖書は、私たちを守り、導くために反面教師としてのパリサイ人、律法学者のことを記しているのです。

 

さいごに三つ目のことです。キリストがお語りになりました「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである」というこの言葉は、キリストの強い願い、思いを表すものともなっています。キリストは、救い主という立場上、罪人を招くことが自分の務めだといっているのではありません。キリストは、本心から罪人を招きたいのです。キリストは全ての人を招きたいと願っておられる。そのキリストの気持ちを私たちは大切にしたい。そのキリストの気持ちを裏切ってしまうことがないようにしたい。そのためにも私たちが気をつけたいことの一つは、白い目で人を見ないということなのです。

――わたしは罪人を招くために来た、と言われながら、私たちに憐れみの視線を注いでくださるキリストは、私たちだけではありません、私たちの家族や友人たち、全ての人々を招くことを願っておられる。そのキリストの気持ちを忘れないようにしたいと思います。

 

                            (2021年9月5日 三位一体後主日礼拝)

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク