マルコの福音書第2章1~12節

マルコの福音書第2章1~12節

「赦罪の権威者キリストⅡ―十字架に基づく宣言―」

 

キリストは、病のために体が全く動かなくなってしまっていた人に対してこう言われました。「子よ、あなたの罪は赦された。」

――あなたの罪は、いつの日にか、赦される時がくるだろう……というのではありません。――あなたの罪は、今、ここで赦された。というのです。

 このキリストの言葉は、その場に居合せた人々にとって、思いがけないものであったに違いありません。といいますのも、中風の患者が寝床に横たわったままキリストのもとに運びこまれて来たとき、その場に集まっていた人たちはキリストが病人をどのようにお癒しになるのか、そのことを期待しながら注目していたからです。キリストがこれまでにたくさんの人々の病を癒してこられたことは評判になっていましたから、キリストがなさる奇跡的な癒しの瞬間を自分の目で確かめようと、そんな思いでキリストに注目をしていた者もいたことでしょう。そうした人々にとって、キリストの口から出てきた言葉は意外なものでありました。

「子よ、あなたの罪は赦された。」

 このキリストの言葉は、その場にいた人たちだけでなく、私たちにとっても意外なのではないでしょうか? 意外に思うからこそ、この聖書箇所を聞いたとき、私たちはこう考えたのではないでしょうか。                               ――なぜイエスさまは病で苦しんでいる人に、罪の赦しをお与えになったのだろうか?     

 この運び込まれてきた病人は身体が麻痺してしまって動かない。中風という病が癒されることを、この患者はどんなに願っていたことか。そういう人を助けるのであれば「あなたの病は癒される」と言ってあげたらよいのではないか? それなのになぜ「あなたの罪は赦された」なのか?

 このことについて考えてみる場合、先ず、病気と罪についての間違った考え方を退けておかなければなりません。その間違った考え方というのは、重い病にかかってしまった人について、それは――その人が何か大きな罪を犯したから、天からの罰を受けて病気にかかったのだ……と考えることです。また、生まれつき目が見えないといった障害を負っている人についても――その人が障害を負って生まれたのは、親が罪を犯したからだ……というふうに考える。こうした、罪を犯した結果として病気になるという考え方をキリストは決してお認めになってはいません。この中風の人に対してもキリストは――この人の病気は罪が原因なのだから、先ずその原因を取り除くために罪を赦す必要があるから……といって、罪の赦しを与えられたというのではないのです。ここを間違ってはいけません。そうなると、いよいよ疑問は深まることになります。――それでは、なぜ、キリストは重い病に苦しむ人に対して、罪の赦しをお与えになったのであろうか? 

 キリストが中風の人に病の癒しではなく罪の赦しをお与えになったことについて、先ず、私たちがはっきりと受けとめるべき基本があります。それは、キリストが「子よ、あなたの罪は赦された」と中風の人に罪の赦しをお与えになったということは、これはキリストのご判断によるものであるということです。キリストは中風の人を助けるために何が一番大切かということを判断なさって、罪の赦しをお与えになりました。このキリストの判断を私たちは厳粛に受けとめたいと思うのです。

 体調が悪いので病院に行って医師に診てもらったときに、自分が思っていたことと医師の診断とが全く違っていたというようなことがあります。こんな話を聞いたことがあります。ある人が――最近どうも咳が出る。たぶんアレルギーによるものだろう…… そう思って医師に診てもらったところ、医師の診断結果は意外なものであった。その咳は、肺の近くにある臓器にできた癌によるものであるというのが医師の診断でした。その患者は医師の診断を受けとめ手術を受けました。さいわい早期の発見であったことと、悪性ではなかったので完治することができきました。こういうケースの場合、医師の診断、つまり医師の判断を信頼して受けとめるかどうかということはとても重要なこととなります。どうしてもこのお医者さんの判断だけでは安心できないということになれば、セカンドオピニオンということで他の医師の判断を求めることになります。

 さて、それでは私たちは、キリストの判断をどう受けとめるか。キリストは、寝床に横たわったまま運び込まれてきた人の苦しみの原因が中風という病によるものであることはもちろん承知していたことでしょう。しかし、それにも勝って、罪がこの人の病の苦しみを、二倍にも三倍にも大きくしている。そうしたことをキリストはいわば診断なさったのです。このキリストの診断・判断を裏付ける旧約聖書の言葉があります。旧約聖書の預言者は、罪がもたらすものが何であるかをこう語っています。

「あなたがたの咎が、あなたがたと神との仕切りとなり、

あなたがたの罪が御顔を隠させ聞いてくださらないようにしたのだ(イザヤ書第59章2節)

  天の父は、いつも私たちを深い憐みの心を持って見守っていてくださいます。そして私たちの呼び求める声を、つまり私たちの祈りを聞いていて下さいます。そういう憐み深い父としての神の御顔を見えなくさせてしまうものとして罪があります。               

 預言者が語っていることを間違って聴きとらないように注意しましょう。神は、罪を犯した人に対しては御顔を背け、罪を犯した人の声に対しては聴く耳を持たないというようなことを預言者は言っているのではありません。神は、常に、変わらず、慈しみ深い御顔を私たちに向け、耳を傾けてくださっています。その御顔を罪が仕切りとなって邪魔をして見えなくさせてしまう、罪が仕切りとなって声を届かなくさせてしまう。それが罪のもたらす最大の害悪であることを語っているのです。

 こうした預言者の言葉をキリストはもちろん誰よりも深く知っていたに違いありません。そして、神と人間のとの間を隔ててしまっている罪が、中風の人の苦しみを異常に大きくしていることをキリストはごらんになりました。そして神とこの中風の人との間を隔ててしまっている罪を取り除いてあげることの必要を判断なさいました。そして、この中風の人が、たとえ病気のまま床に横たわったままであっても、それでも、神が慈しみ深い御顔を向けていてくださる。その神を天の父として仰ぐことができるようになるために、つまり神からの平安を受けられるようになるために宣言されたのです。

「子よ、あなたの罪は赦された」

 罪の赦しを告げる言葉をイエスの口から聞いた人々は、たいへん驚きました。それは、私たちの想像をはるかに超えるものであったと思われます。というのは、ユダヤ人の間では、罪の赦しを与えることは神だけがなし得るということを誰もが知っていたからです。そうした人々の中で、とりわけ律法学者たちはイエスの発言に対して心の中でつぶやかずにはおれませんでした。

「この人は、なぜこのようなことを言うのか。神を冒涜している。神おひとりのほかに、だれが罪を赦すことができるだろうか」

 このとき律法学者たちがつぶやきました「神おひとりのほかに、だれが罪を赦すことができるだろうか」ということ、これ自体は全く正しい。しかし、律法学者たちが受けとめていないことがありました。それは、目の前にいるイエスこそ、罪を赦す神の権威を持っておられたということです。そのような律法学者たちの心を見ぬかれていたキリストはこう言われました。

「なぜ、あなたがたは心の中でそんなことを考えているのか。中風の人に『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて、寝床をたたんで歩け』と言うのと、どちらが易しいか。」

 これは分かり難い質問です。理屈の上で言えば、こういう答が考えられます。罪が本当に赦されたかどうかということは外見ではわかりません。外見で分からないから誤魔化すこともできる。だから口先だけで「あなたの罪は赦された」ということはたやすい。それに対して、病の癒し、特に中風という病は、本当に癒されたかどうかが外見からすぐに分かります。だから誤魔化しはきかない。そういうことからすれば、本当に病が癒されていなかったら「起きて、寝床をたたんで歩け」ということはできません。これは難しいということになります。しかし、キリストの質問は「どちらのほうが誤魔化しやすく、たやすいか」などということではないのです。罪の赦し、病の癒し、そのどちらもが誤魔化しではなく正しく成し遂げられるとして、そのどちらがたやすいかというのです。

 病の癒しについては、この時代、癒しの業(わざ)をする、いわゆる霊能者が少なからずいたようです。もしイエスが単なる癒しを行う霊能者の一人として「あなたの病は癒された」と病の癒しだけを与えていたら、律法学者の気分を害することはなかったでしょう。病の癒しは、霊能者でも行うことができることですから。しかし「あなたの罪は赦される」という罪の赦し、これは神だけが成し得る。このことを本気で受けとめるならば、どちらがたやすいか、という問いに対する答えはもうはっきりしているのです。罪を赦すことは、神だけが行うことができる。人間には不可能なこと。その人間には不可能なことをキリストはなさったのです。

「あなたの罪は赦される」と宣言すること、これはキリストだけが語りうるものです。キリストは、中風の人に罪の赦しを告げられたとき、その言葉を語る全責任が自分にかかってくることを身に感じていたに違いありません。事実、後にキリストは十字架にかかられて、この中風の人の罪、そして私たちの罪を赦すための全責任を負ってみ苦しみを受けてくださったのです。

 それはこう言っても良いでしょう。中風の人が四人の男たちによって運び込まれてきた時、キリストは患者を運んできた四人の男たちの働きの中に信仰をごらんになって、中風の男に罪の赦しをお与えになられました。このときキリストがごらんになった四人の男たちの信仰は「身代わりの信仰」とも言うべきものでありました。この「身代わりの信仰」を最も徹底した形で行われたのはキリストであった。というのもキリストは、全ての人間の罪を身代わりとなって負うために十字架にかかられたからです。そして、神を信じることのできないでいる人のために「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」と、身代わりの信仰を持ってとりなされたのです。

「子よ、あなたの罪は赦される」というこの言葉も、十字架の上で身代わりとなって苦しみを受け、身代わりの信仰によってとりなされたキリストだけが権威をもって語ることができる救いの宣言なのです。ただし、中風の人に罪の赦しを告げられた時というのは、まだキリストは十字架にかかられる前でした。それゆえに、キリストは、罪の赦しの権威を示すためにこうお語りになったのでした。

「人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたが知るために」

そう語られて、キリストは中風の男を癒されました。キリストは罪を赦す権威を持っているということを示すためのしるしとして病の癒しをなさったのでした。

 癒された人が自分が横たわっていた寝床をたたんでそれを担いで歩いで帰ってゆく様子を見た人々は「こんなことは、いまだかつて見たことがない」といって神を賛美しました。ここでも、見落とさないようにしたいのは、人々を驚かせた奇跡的な病の癒しといえども、それはキリストが罪を赦す権威を持っていることをあらわすためのしるしにすぎないということです。本命は罪の赦しなのです。その点から言えば、罪が赦されるということは奇跡中の奇跡といえるものです。私の罪が赦されるということは、神と私との間を隔てていたものが取り除かれるということ。それによって、私の祈り願うことが神に届くようになる。このことは奇跡中の奇跡といっても過言ではありません。

 この奇跡的な救い、恵みの中に、今もキリストは私たちを招き入れようとしてくださり、事実、招き入れて下さいます。ただし、今日においては、罪を赦す権威を示すしるしとしての奇跡をキリストなさいません。その意味でのしるしは私たちには与えられないのです。しかし、しるし以上のもの、罪を赦す権威そのものを私たちは心の目を開いて見上げることができます。それが、さきほど申しました、十字架にかかられたキリストの姿と言葉であります。十字架にかかられて私たちの身代わりとなってみ苦しみをお受けになったキリスト、そして甦られたキリスト、そのお方が私たちに、みなさん一人一人に、はっきりと告げてくださるのです。

「子よ、あなたの罪は赦された。」

この十字架に基づいたキリストの宣言を聴き取る幸いが、聖霊によって新しくされることを祈りたいと思います。また、まだこの宣言の言葉を聞いていない方たちが聖霊によって、この宣言の言葉を聞き取れるようになることを大切に祈り続けたいと思います。

(2021年8月29日 三位一体後主日礼拝)

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク