マタイの福音書第27章1~26節

マタイの福音書第27章1~26節 

「裁かれるキリスト」

 

 イエス・キリストは十字架に磔になる前に、2度、裁判の席へと引き出されました。1度目の裁判は、ユダヤ人の社会で最も権威ある裁きを行う最高法院によるものでした。この裁判で、神から遣わされた、神の御子であるキリストが受けた判決とは、神を冒涜した罪による死刑判決でした。この裁判は真夜中に行われたものでしたから、「夜が明けると、祭司長たちと民の長老たちは全員で、イエスを死刑にするために協議をした」と聖書に記されています。

キリストに対してユダヤ人の指導者たちは死刑判決を下したのですが、実は自分たちの手で死刑を執行することができませんでした。というのは、当時のユダヤ人社会はローマ帝国の支配下にあったため、死刑を執行する権限がなかったからです。ですからイエスを死刑にするためには、ローマ帝国による裁きの場に、イエスを死刑にしてほしいと訴え出なければなりませんでした。そのことを、祭司長たちは夜が明けてから、協議をしたのだろうと思われます。

 その協議の結果、祭司長たちは「イエスを縛って連れ出し、総督ピラトに引き渡し」ました。そして、このローマ総督ピラトによってイエス・キリストは2度目の裁判をお受けになったのでした。

 ところで、ピラトによる裁判について記している聖書の記事のなかに突然、ユダの自殺についての記事が出てきます。このユダの自殺を記しているのはマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの四福音書の中でマタイだけです。マタイはなぜ、ユダのことを記したのか? また、マタイはなぜ、ユダの自殺のことについて、わざわざピラトの裁判の記事の中にはめ込むような書き方をしたのか? 

 その理由について、今朝は考えられ得ることから一つのことだけを申しあげたいと思います。マタイの福音書がピラトによる裁判の記事の中にユダの自殺の記事をはめ込むようにして記したのは、ピラトの裁判に引き渡されたキリストは徹頭徹尾、死刑に値するような罪人ではなかった、いや、キリストは正真正銘、正しいお方であったということを強調するためでありました。

そのために、殊に重要なのは「私は無罪の人の血を売って罪を犯しました」というユダの言葉です。キリストを裏切ったユダが今朝の聖書では、イエスには罪がないということについての証言者としての役割を担っているのです。

 

このユダの後に、マタイの福音書は、キリストは罪を犯していない正しいお方であることを語っている別の人物のことを記しています。それはピラトの妻です。ピラトの妻は夫に「あの正しい人と関わらないでください」といって、これ以上イエスを裁くことをやめるようにと言ったのです。

この妻は「夢でたいへん苦しい目にあいました」とも言っています。マタイの福音書は人間が見る夢というものを大切に扱っています。キリストがお生まれになる時、父親となるヨセフは夢の中で、天使からマリアの身ごもりと生まれてくる子どものことについて知らされたことをマタイの福音書は記しています。それと同じようにピラトの妻も夢の中で、イエスが正しい人であるということを天使から告げられていたのかもしれません。いずれにせよ、裁判を行う夫のピラトに対してピラトの妻は、イエスのことを「正しい人」と主張してやまなかったのです。

 イエスを「無実の人」と言ったユダ、イエスを「正しい人」と言ったピラトの妻に続いて、更にもう一人イエスの無実を認めていた人がいます。それは裁判を行ったピラト自身です。ピラトはイエスを「十字架につけろ」と叫んでいる群衆に向かってこう言っています。「あの人(イエス)がどんな悪いことをしたのか」 

こう言いながらピラトは、イエスは悪いことをしていないと判断しているのです。

 こうして今朝の聖書は、三人の人物によって語られた、イエス・キリストは「無実の人」「正しい人」「悪いことをしていない人」であるとの証言を記しています。

 また、こう申しあげても間違いにはならないと思います。ユダはキリストを裏切るという、弟子としてはこれ以上のことはないと思われる大きな罪を犯しました。その罪を犯したユダは自分のしてしまったことを悔やんだから自殺をしました。悔やんだのは、イエスを知らないと否んだペトロだけではなかった。ユダもまた自分のしてしまったことを深く悔やんだ。悔やみながらイエスは「無実の人」であるということを証言したのです。そのようなユダをマタイの福音書はキリストを弁護する証言者として記しているといってもよいでしょう。

 さて、無実の人、正しい人、悪いことをしていないキリストを裁いた、この裁判について二つの事柄に注目してまいりたいと思います。

先ず一つのこと。

 ピラト自身は、イエスは悪事を働いていないと考えていましたから、イエスを死刑にせよという祭司長たちの訴えは、これを棄却することが当然だと考えておりました。しかし、そんなことをすると「イエスを十字架につけろ」と叫んでいる群衆が暴動を起こすかもしれません。そういう面倒なことをピラトは避けたかった。そこでピラトは一計を案じました。ユダヤ人の祭りの度に、囚人の中からひとりだけ刑を免除するということをピラトは自分の人気取りのために行ってきていました。いわゆる恩赦です。そこでピラトは群集に向かってこう質問したのです。

――わたしは、今年もひとりの囚人に情けをかけて刑を免除してやろうと思う。ついては、バラバ・イエスを釈放するのがよいか。それとも、キリストと呼ばれているイエスを釈放するのがよいか。お前たちはどちらを釈放してほしいのか。

 ピラトは――群衆は何も悪いことをしていないイエス(イエス・キリスト)の釈放を選ぶだろう……と読んでいました。そうなれば、祭司長たちの訴えを退ける理由がたつともくろんだのです。ところが、そのもくろみははずれ、群衆はバラバの釈放を求めてきたのです。

 このバラバについて、聖書は「名の知れた囚人」ということをわざわざ記しています。ここを「評判の囚人」と翻訳している聖書があります。この「名の知れた」「評判」という言葉は、悪名高いという意味では使いません。「評判のお店」といったら、それは人気のあるお店。「評判のスィーツ」といったら、それは人気のあるデザート。ですから「名の知れた・評判の囚人」といったら、それは囚人ではあったかもしれないが人気があったということなのです。

 このバラバという人物は、民族主義者であったのではないかと言われています。ユダヤ民族の誇りを大切にし、誇り高いユダヤ人として勇気ある行動をとることができた。ローマの役人や兵隊に屈服しないで、立ち向かっていくようなことをした。そういう人物でしたから、ローマの側からすれば、クーデターを企てかねない危険人物としてバラバを逮捕した。しかし、ユダヤ人から見れば、バラバはユダヤ民族のために囚人となった勇敢な男ということで人気があったとも言われているのです。ですから、祭司長たちが群衆に対して「バラバの釈放を要求してイエスを殺すように」との説得は、それほど難しいことではなかったのかもしれません。いずれにせよ、バラバの方を群衆は選んだ。そしてイエス・キリストを捨てたのでした。群衆のなかにはこう考える者もいたでありましょう。

――あのナザレ村から出てきたイエスは、なかなか立派な教えを語るし、病人を癒したりする力もあったようだが、しかし、それで自分たちの生活は良くなっただろうか。なにも良くなってはいないではないか……

――今、我々に必要なのは、ローマ政府に屈しないでユダヤ人としての誇り高い行動をとることができる人だ。バラバのような実行力のある人こそ我々には必要なのだ。

 このようにして、イエス・キリストには期待しないで名の知れた・評判の囚人バラバを選んだ群衆のことを記している聖書というのは、私たちにとって鏡の役割を果たしていると言えるでしょう。つまり、バラバを選んだ群衆の姿は、今日の社会、私たちの姿を映し出しているともいえるのです。私たちの生きている社会で、いつでも問われることは「結果を出すことができるかどうか」ということです。立派なことを言っていても結果が出なければ、あの人は口だけで実績が伴っていないとされ評価されません。だから結果のだせるリーダーが評判になるのです。

 第一次世界大戦が終わったときドイツは、ドイツ帝国からワイマール共和国という極めて民主的な憲法をもつ国に生まれ変わりました。しかし、国民の生活はどん底に落ち込んだままでした。そこに登場してきたのがヒトラーでした。ヒトラーは政権を掌握すると、あれよあれよという間に、戦争で失われた国土を回復し、国民の生活は目に見えるようにして豊かになってゆきました。こうしてヒトラーは、名の知れた、評判の指導者となっていった。こうして当時のドイツの民衆は名の知れた・評判のヒトラーを選び、キリストを押しのけてしまったともいえるのです。

 今朝の聖書に用いられています「名の知れた・評判」という言葉には警告の響きが込められているといっても過言ではありません。――名の知れた・評判の〇〇に流されて、キリストを見失わないように!

 

二つ目の注目点に移りましょう。

 それは言うまでもなく、裁かれているキリストです。無実の人・正しい人・悪いことをしてない人であるキリストは、いまや「十字架につけろ」と叫んでいる群衆を前にしています。そのなかには、一度はキリストの教えを喜んで聞いていた者もいたでしょう。キリストがロバに乗って都入りをしたときに「ホサナ」と歓声を上げていた者もいたでしょう。そのような人々もまた、ここでは「十字架につけろ」と叫んでいる。このような群衆に対しては、軽蔑のまなざしをもって――よろしい、あなたがたがそのつもりなら、私にもそれなりのやり方がある、と言い捨てることがあってもおかしくはありません。

 18世紀のフランス革命の時、処刑のためにギロチンが用いられました。その処刑は多くの民衆の前で執行されました。ギロチンによって死刑囚の首が落ちると民衆は大歓声を上げる。そうした民衆にとり囲まれている処刑台に昇っていった人たちの中には、民衆に向かって鋭いあざけりの言葉を投げつける者も少なくなかったといわれています。

――愚かな民衆よ、お前たちは私を殺すことはできるが、私はお前たちをならずものとみなす! そうした言葉や、挑みかかるような鋭いまなざしを民衆に向けてギロチンにかけられていった人たちがいたのです。

 ひるがえってイエス・キリストはどうであったか。民衆が「十字架につけろ」と叫んでいるその声をキリストは静かに聞き流しておられました。一度はキリストの言葉に耳を傾けていながらも、心変わりをして「十字架につけろ」と叫んでいる群衆に対して、キリストは静かな眼差しを注いでおられたのです。そのような態度をキリストがとることができたのは驚くべきことです。なぜ、キリストはそうすることができたのか?  キリストはどんなことがあっても群衆を信じていたのでしょうか、いいえ、キリストは父なる神を信じていました。この父なる神の御心が実現することだけを信じていました。それがキリストの沈黙を生んでいるのです。

「十字架につけろ」という群衆の叫びを、沈黙をもって静かに聞き流しておられたキリストの心の中にあったのは、群衆の愚かさを責め、嘆く心ではなくて、「御心が天で行われるように地でも行われますように」という祈りであったに違いありません。その祈りの中にキリストが堅くとどまっていてくださったことによって、人間を救うための道が閉ざされるという危険が回避されました。そして、罪人がなお神の恵みに生かされるための道が開かれていったのです。このキリストの姿を、今朝、私たちの心に刻むと共に、失望や困難の中で「主の祈り」を祈ることの深い意義を改めて受けとりなおしたいと思います。

(2021年3月14日 受難節)

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク